ギャンブルにはまるのは「病気」だった

ギャンブルというのは、それ自体は悪いことではありません。たとえば、競馬や競輪といったスポーツの場合、日本ではお金を賭けることが出来ます。中央競馬の場合、売上金の一部は国庫に納められることになります。つまり、国が主導でやっていることと言えます。世界的に見て、ギャンブルが行われていない国の方が珍しいのです。

では、ギャンブルが問題になる場合があるのはなぜかというと、はまり過ぎてしまう人がいるからです。日本で行われている競馬の場合、賭け金の最低金額は100円です。一日のレースが12レースとすると、1200円を持っていけば一日楽しめるということになります。実際、この程度の少額で楽しんでいる人も多いです。勿論、もっと多額のお金を賭けている人もいますが、たくさんお金を賭けるとよくないとは言い切れません。お金持ちであれば、一回のレースで10万円や100万円賭けても問題ないからです。

では、はまり過ぎている人はどのような賭け方をしているのかというと、生活費を削って賭け金にする、あるいはお金を借りて賭けるといったことをしています。生活費を賭け金にしてしまえば、生活していくお金がなくなってしまうので、人から借りたり、貸金業者から借りるということになりますし、借りたお金を賭け金にした場合、当たればいいですが、はずれた場合は、生活費がない状態で返済をしないといけないということになります。

では、上記のような賭け方をする人は、なぜそこまではまってしまうのでしょうか。理由としては、精神的な病気ということが考えられます。 どういうことかというと、ギャンブルでお金を賭けて、当たった場合、快感物質というものが分泌されます。当たるとすごく気持ちよくなったり、気分がよくなるのはこの快感物質のせいです。

普通の人は、快感物質が分泌されて気分がよくなったとしても、賭け方を制御することが出来ます。しかし、中には制御出来ない人もいるのです。その場合、優先順位のトップが当たった時の快感を得るとうことになるので、後先を考えずに、お金を賭けてしまうのです。結局、はずれてお金を失った場合、その場では後悔しますが、時間が経つとまた快感を得るということを最優先に考えるようになり、また、どこからかお金を借りてきてギャンブルをしてしまいます。

こういった状況になった場合は、治療をするしかありません。依存症なので、基本的には一生ギャンブルをしないという治療になります。

更新情報・お知らせ

PICK UP Site

銀買取ネットは個人・法人とはず買取します
個人・法人からの買取は銀であれば何でも大丈夫

過払い金は専門家を使って
弁護士に相談する事が一番早い方法

納骨堂の「聖樹」
温かみがあって心地よさを感じる場所です

24時間相談予約可能!離婚の弁護士相談はオーセンス
ワンストップで期待以上のサービスをご提供

フレンドリーな国で英語を習得!充実フィジー留学
ランデブーフィジーの魅力をもっと知りませんか?